fc2ブログ

迷路荘の惨劇

mathichen17

mathichen17

-
横溝正史ミステリーから記事題名をパクッタ













汚屋敷の掃除と片付けも、迷路を彷徨うみたいなもんじゃん
ちなみに、ピンク色籠に入ってるのは、鬼婆が溜め込んだ粗品のタオル類
障害者やジジババの居る家庭の必需品でやんす




午前8時半過ぎ、便利屋さんという名の岸和田少年愚連隊が到着
オバちゃん社長、4人のうち3人までが社長より年上の親父連中、計5人での作業を行った
白髪の70歳が一番元気で、大阪南部ヤンキー先駆けと見た




実は今日だけで予定終わらず、来月辺りに第二弾なんだわ
玄関上がった向かいにある押入れがね、想像を超えるゴミ溜め状態…アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ
見積もりに来た舎弟No.1曰く、「トラック2台の所を、3台で来て正解やった~」
虫の知らせでも働いたのか(゚⊿゚)シラネ




隣家のボーボー状態になった木も剪定した
爺さんはカネ渡しながら「連絡先貰えますかね」、代金受け取りに行った舎弟に頼んだ
不要品捨てたいが、まるで知らない業者は不安
一昨年やって貰った結果に満足してるから、愚連隊には安心
アタシと関係無く自分で頼みたい時を考えたの




ガラ悪いものの仕事は出来る子たちである愚連隊
舎弟No.1なんて、携帯に掛けて来たどっかの業者に、「ハッキリ言って、お宅と仕事しとうないですわ」
大阪南部ならば、そこの地域に筋通すのが仁義っちゅうもんやんけ
ネットに広告出す以上、信頼と実績が絶対大事わかっとるんけ
てな内容を、オラオラ迫っていた











…舎弟No.1が、懐中電灯を頭にして散弾銃と日本刀持って走って来たら、心臓麻痺起こす170%よ




金田一さんはアタシが観るから置いといたまで
時代劇ゴッソリ捨てられ、ジジィ泣いてたりして

スポンサーサイト