fc2ブログ

Welcome to my blog

L'Amour braque(狂気の愛)

mathichen17

mathichen17

いつになったら、投稿機能停止するねん
ヤホーのAhoo!




とばかりに
【ツンデレならぬツンドラ地帯のお寒い悲喜劇】
利用者をYahoo!には後片付け程度に留め移転先に専念させるのが、Yahoo!の仕事やろ




アタシゃ、昨夜にゃ

Yahoo!旧本館訪問者履歴(2019・9・1)

訪問者数以外は決定した数字だから、最終結果をスクショしたぞなもし




訪問者数について、Yahoo!旧本館で一番多い訪問者を弾き出した記事↓
【とうふ料理 八かく庵(大阪マルビル店)】
https://gunnereds17.blog.fc2.com/blog-entry-2520.html
Yahoo!JAPANトップページに地域情報が載っていた時代で、地域情報に取り上げられると
何百何千の訪問者が当たり前状態となり、何度かエライ目を見た
20000人強なんて、ガンバvsジェフの万博競技場入場者数を数千余り上回るから笑かしたw




最新のTB、これの一番下をBBちゃん記事に据えたかったと、誰が知ろうぞ
一番上の自前TB
【甘い囁きと名誉と栄光の百一夜の灯は遠く~アラン・ドロンに捧ぐ~】
https://gunnereds17.blog.fc2.com/blog-entry-6153.html


元カノを持って来たのも意識的にだよんw
カネのためにポルノ紛いの映画に出ざるを得ない落ちぶれた女優役なんだけど
題名が「大切なのは愛する事」、ココが鍵ね




蛇足として
演出についての意見の相違から、監督のアンジェイ・ズラウスキーとロミーの対立など
撮影現場は荒れに荒れたそうよ
ズラウスキーは
1987年の東京国際映画祭で観て頭痛起こした
18歳になるかならぬかのソフィー・マルソーを無修正の素っ裸にひん剥いた時にもね
しかも、その後、二回り下の彼女を孕ませたと来るしッ
ソフィー・マルソーを思い出したついでに
ラ・ブーム2でセザール賞最優秀新人女優賞を受賞した場面の顔を鮮明に記憶している
まだ15歳で子供っぽい泣き顔だったけど
ラ・ブームなんて商業映画とあって(意識高い系の国フランス=芸術映画を思い起こすべし)
自分が貰えるはず無いと考えていたのは案外冷静だね
新人女優賞はソフィーの年に新設されたのか、別名「ロミー・シュナイダー賞」
15歳にゃ何とも有難過ぎてそりゃ泣きもするわ




記事題名の意味?
「まだYahoo!更新やってる連中を、ソフィー・マルソー映画題名で示す」
どんだけYahoo!に縋る想いの難民なんでしょねw

スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.