FC2ブログ

Welcome to my blog

出来れば、ドイツ人が・・・出来ます

mathichen17

mathichen17

-

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

内容については観てないのだから話せません
ただですね、出来ればこの種類の話はやはりドイツ人自身にやってもらいたいのです

‘ヒトラー最後の12日間’で総統を演じたブルーノ・ガンツや
‘マイファーザー’でメンゲレ博士を演じたチャールトン・ヘストンみたいな例外います
出来れば、なのです

ハリウッド系で作られるナチス物は、型にはまりすぎてウンザリさせます
ドイツ人に言わせれば、‘サウンド・オヴ・ミュージック’も結婚式以降の場面はウンザリだそう
それだけに、ドイツ=悪役でないナチス物‘戦場のピアニスト’がオスカー受賞は意外でしたね
自身が強制収容所経験あるポランスキ監督、ヨーロッパで実体験した事により、
物事は白黒ハッキリ付けられると限らないを知るからこその作品を、ハリウッド人種が評価とはねぇ

上段の理由により、ナチス物はドイツ人でお願いしたいのです
勇気は要ります。でも、‘最後の12日間’が世に出たのです。時代は変わりつつあるのです
自分自身でやり、負の遺産を克服出来なくても引きずるのはやめましょう
出来れば
出来ますから


香港に住んでた時、戦争ドラマで悪役と言えば日本人。
それは仕方ないけど、役者が中国人でヘンな日本語をしゃべる。深刻なドラマでもわたしは苦笑・・・って、ことですね、
極端に言えば。
「戦場のピアニスト」は良い映画でした。ハリウッド人種もたまにまともな(以下略)
ついでに、ブルーノ・ガンツうちの夫のお気に入り。わたしも嫌いじゃないけど、あまり良く知りません。ヴェンダース作品は大好き。

結局、人間がどう描けているか、作者の人間理解がどう表れているか・・・でしょうか。

2008/12/27(土) 午後 11:01 ふうちゃんP4


映画は観ない人種の前髪です。
『戦場のピアニスト』は好きですね。素直にいい映画だと思います。

あんまり詳しいことはわからないので、帰ります。とぼとぼ…

2008/12/27(土) 午後 11:16 前髪一直線! 


アバター

>>ふうちゃんP4さん
‘戦場のピアニスト’と言えば、ドイツ人将校が匿ってくれるワケですが
悪役で鳴らしたゲルト・フレーベがそういう人だったそうです
鉤十字制服を隠れ蓑に、多くのユダヤ人を国外へ逃がしたり
衛生兵として働いた前線では、連合軍兵士でも面倒見たり

乳母様の仰る通り、「人間がどう描けているか…」だと思います
ポランスキは醜聞の多い人ながら戦時下の体験や愛妻惨殺も持ちます
自然、洞察力が深くなっていったのでしょうね

2008/12/27(土) 午後 11:57 mathichen


アバター

>>前髪はん
アタシとて、映画は長い間観てませんよ。イジケなさんな

もし興味が沸けば、F・シュレンドルフ監督の‘魔王’をどうぞ
J・マルコヴィッチ主演です
ヒトラー・ユーゲントもどき(?)が登場するんですが
何故、ドイツ人がああも簡単に右手を上げるようになっていったか
『バーチャル肌身経験』出来ますよ
ユダヤ人監督の‘戦場のピアニスト’と合わせて観れば面白いかも

2008/12/28(日) 午前 0:10 mathichen


コメント有難うございました^^

「戦場のピアニスト」と云えば確かに、車椅子を突き落としたり労働者を簡単に射殺したりする如何にも悪の権化としての独軍将校が登場する一方、主人公を匿う善の将校が登場してましたよねぇ…「プライベート・ライアン」辺りだと典型的な悪のナチズムVS米のヒロイズム的な如何にもハリウッド的な描き方をしていましたが(苦笑)

やはりこの手のジレンマを払拭する為にも、ドイツ人自身に演じて頂きたいものですが、こういうキャスティングは世間の評価的に「難しい」のが現状なのでしょうか^^;
……個人的には1人の人間としては「大脱走」に出てくる様な連合軍と独軍のフレンドリーな関係が良いなぁ、と願ってたり?…(笑)

2009/3/3(火) 午後 8:18 [ kugaya´ ]


アバター

kugaya´さん、こちらこそ有難うございます。この記事の存在忘れかけてました(笑)

SS=乱痴気騒ぎの印象強いですが、あれは任務遂行させるための上層部の優遇措置だそう
信条と良心の葛藤を避けるべく酒池肉林で感覚をマヒさせようとしたとか
ユダヤ人を匿う将校は、映画のように一対一で出会ったケースで実在したといいますが、
教養に恵まれている階層は政治的信条と人間性の板挟みになりやすいものなんでしょう

何だかんだと言っても、『偏見』が。国外はもちろん、ドイツ人自身にもありますからねぇ
ドイツ映画が市場に出回るようになればなるほど(メジャーになるほど)、難しいかも

2009/3/3(火) 午後 9:58 mathichen


スポンサーサイト