FC2ブログ

Welcome to my blog

お水の花道の守り方

mathichen17

mathichen17

-

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

【3月27日 AFP】キャバクラで働く女性らが26日夜、労働環境の改善を求めて、都内の繁華街・歌舞伎町を行進した。

 キャバクラで働く女性約50人が、混雑する金曜日の夜の歌舞伎町をデモ行進し、多くの通行人が立ち止まって行進を眺めた。デモは、キャバクラで働く女性のための日本初の労働組合「キャバクラユニオン」が主催した。

 キャバクラユニオンによれば、キャバクラで働く多くの女性たちが、給与不払いや、従業員や顧客からのセクハラに対して苦情を訴えているという。(c)AFP

( 出典先:AFPBB News )
一昨日、Yahoo!ニュースで見て以来、どっかが写真つきニュース出すのを待っておったのですな
で、昨年12月3日のFC2別館記事【お水の花道の飾り方】を使い回しての更新を
 
キャバクラ嬢が労組結成へ

【12月3日 AFP】キャバクラで働く女性たちが来月、賃上げや待遇改善を求めて初の労働組合を結成する。労組関係者が2日、明らかにした。

 東京の個人加盟労組「フリーター全般労働組合」の分会として、来年1月に発足させる計画だという。

 フリーター労組の鈴木剛(Takeshi Suzuki)執行委員によると、キャバクラ嬢は賃金未払いや顧客や雇用主からのセクハラを受けていると相談を寄せており、相談件数は景気の悪化に伴い増えているという。

 中には、花の代金やヘアやメイクの料金を給料から天引きされ、給料を1円ももらえなかった場合もあった。

 キャバクラ嬢は、華やかで給料の良い仕事としてテレビドラマなどで紹介されることが多い。しかし、鈴木氏によれば、そのイメージとは裏腹に、労働環境は無法地帯のままなのだという。

 法外な罰金や、男性客の酒の注文に過度のノルマを課せられるなども起きている。また、男性客との「同伴」と呼ばれる、デートやホテルに行くサービスを強要された事例もあるという。

 10代から20代のキャバクラ嬢たちは、過酷な職場環境や雇用主からの命令には従うしかないと信じ込まされている。しかし、闘うことができるのだと、鈴木氏は語った。(c)AFP
( 出典先:AFPBB News )
 
どうぞ、労働組合を作って下さい
アコギな稼ぎ方を脛に傷持つ故か、労組を敵視するらしいネズミー何某、そんな巨大系と闘うのでもなければ

敢えてキツイ事を言わせてもらうと…
「華やかで給料の良い仕事としてテレビドラマなどで紹介されることが多い」
その程度の認識で業界に入るギャル、社会勉強出来たと思い、足を洗いなされ

男性の中にこんな声が…
「若いというだけで、世の中ナメとるわ。客のカネで高い酒を飲みやがって
お客を楽しませる達人である旧来のホステスや、文字通りカラダ張ってるソープ嬢を見習え」
事実と裏腹でも、そう取る向きもあるのです。そういう悪印象を与えているかもしれないのです

どんな仕事でも、自分の努力は必要。知らない事多くても勉強すればよい話
無知を同情され、それに救いを求めている間は×。いつまでもあると思うな、親とカネと若さ

大阪・京橋に、[香蘭]というグランドキャバレー、70歳台のホステスがフツーに働いておられます
男どものほぼ全員、入店直後はビビるそうですが、
歓談、一緒に踊るうちハマるツボを押さえると、また行きたくなるし実際行っちゃうとか
これこそ、夜の社交場のあるべき姿では

年金受給世代は極端にしても、中年はまだ小娘扱い。それくらいの厳しい世界でないとね

これからキャバ嬢を目指す世のギャル、聞いとけ
「紳士は、女性が育てるもの。女性に育てられた紳士が、淑女を育てる」
これ、上流社会だけでなく夜の社交場にも適用される
日参するネクラ顔のサエナイ君なんてのは、正しいオトナの遊び方を知る男前に仕込みましょうや
それ出来てこそ、お水の王道を歩めるのですな

キャバ嬢志願も、現役キャバ嬢も、良い労働環境で働けたらよろしいですね
 
ところで、キャバ坊クラブあるならば、「いらっしゃいませ~♪」してほしいのはやはり…
セスクを筆頭に大砲チームの若い衆、レッズからはトーレスとバベル、バルサとBVBからはヒマな誰か

アバター

ちなみに、ドイツでは、『ケルンで好調の「売春税」、他都市も導入へ』
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2713839/5536358

夜のおねえさんたちも立派な労働者なのですぞぉ 

2010/3/28(日) 午前 4:05 mathichen 


育てたいと思われるか、消費で構わないと思われるか。
それは、職業問わず、誰にでも当てはまりますね。

結局安易な選択をしたら、ツケが自分にまわるだけのこと。 

2010/3/28(日) 午後 0:23 [ gunnershigh


アバター

>>僕ら根暗?おうじ
香蘭でソーラン節を踊って、カワイイね~と育ててもらえて
ちょっともてあます位が好きなおっさん資格勉強の修了証発行

投資となるか、ツケとなるか。前者なら安い、後者なら高い
そうやわな? 

2010/3/28(日) 午後 6:30 mathichen 


ちなみに「お水の花道」で主演してた財前直見は中学生の時、同じ卓球部でした(1学年僕の下)。

中学時代から可愛かったのぉぉ。 

2010/3/28(日) 午後 9:31 [ 鳥脳


こんばんは~

キャバクラですか。

10年前ぐらいだったかなぁ。
ホステスさんが「新聞は4紙とってる」なんて話してましたよ。
全国紙、地方紙、日経とスポーツ紙だったと思うんやけど、当時は凄えなぁって思いましたよ・・・話を聞いたりするのも大事なんかも知れませんが、対等?って申しましょうか、同じ目線で意見交換するってのも接客のひとつなんかも知れませんねぇ~プロ意識?そういう人は正直カッコいいし・・・グッときますね^^

多分相手にされないだろうけど^^ 

2010/3/28(日) 午後 9:56 [ -


アバター

>>鳥脳先生
財前直見は先生と同郷でしたか。アタシと同学年は知ってましたけど~
‘お金がない!’の時の彼女が好きですわ
織田裕二が弟たちより仕事優先したかでビンタ!の場面が、カワイイ… 

2010/3/29(月) 午前 3:50 mathichen 


アバター

>>夕焼けさん
流行りは無論お客それぞれに合わせた話題収集も仕事のうち
旧来のホステスは接客業の意味わかってるんですよ
お客がポッキーでウィスキーグラスかき回すのは「退屈~」も(^^;)

キャバクラでも熟女系は歓談可能だそう
で、お喋り好きデブの松ちゃんがハマったとか~ 

2010/3/29(月) 午前 3:51 mathichen


私も極たまに遊びにいきますけど、キャバにはいい印象がありませんね(--)
話が合わないし、合わせようとしないし・・・。
クラブのママさんの方がよっぽど安心して飲めます。愚痴もいえますし(^^; 

2010/3/30(火) 午前 0:47 ぜのん 


アバター

>>ぜのんさん
味スタ行った日、朝の電車内で男友だちにグチるホステス嬢いました
クラブのママさんでもいわゆるKYタイプが(^^;)。本人の資質も関係あるのかも
ただキャバクラも厳しい世界(接客業の意味で)に変わらないと、
お客の方も質の高い楽しみ方が身につかないでしょうね 

2010/3/30(火) 午前 1:15 mathichen


スポンサーサイト