fc2ブログ

Welcome to my blog

セスクは帰郷出来ない受難により男前に磨きかかるのやら

mathichen17

mathichen17

-

何やかんやからアレコレと調子イマイチ

Daysで独りダラダラ楽しいわってんで

 



 

1862年。クリミア戦争で活躍した騎兵隊長ジョルジョ・バケッティ(ルナール・ジロドー)は、ピェディモンテの町でクララ(ラウラ・アントネッリ)という人妻と恋に落ちていた。しかし、ジョルジョは第4国境守備隊ヘの転属命令を受け、クララと遠く離れ離れに暮らすことになったのだ。休暇には必ず会いに来ると誓って旅立つジョルジョ。寂しい山あいの町に着いた彼を大佐(マッシモ・ジロッティ)が歓迎した。大佐の屋敷で寝起きすることになったジョルジョは、しかし、食卓の席で奇妙なことに気づいた。大佐の従妹の席がいつも空席なのだ。みなは彼女が病気だと弁明したが、どこか様子がおかしかった。数日が過ぎ、ジョルジョの興昧は、部屋にこもったきりの大佐の従妹のことに集中した。その女性フォスカ(ヴァレリア・ドビチ)に、ジョルジョは遂に対面した。しかし、そのあまりの醜さに彼は声も失う思いだった。一方、フォスカは、凛々しいジョルジョに一目惚れした。執拗につきまとうフォスカから逃れるように、彼は一ヵ月の休暇をとってクララの許ヘと急いだ。情熱的なクララとの愛の時を過ごして、ジョルジョが戻ってみると、フォスカは発作のために寝込んでいた。フォスカには過去に結婚した男がいたが、その男は結婚式の夜、持参金をもち逃げして姿をくらましてしまったのだった。男に恵まれないフォスカのことをかねがね心配していた軍医(ジャン・ルイ・トランティニャン)は、彼女のために一緒に夜を過ごしてやってくれとジョルジョに頼んだ。しかし愛のないジョルジョの態度は逆にフォスカを傷つけ、ジョルジョは、再びやすらぎを得るためクララの許へと向かった。汽車に乗る彼をフォスカが追った。無理に彼女を汽車から降ろすジョルジョ。しかし、勇んで訪ねていったクララば冷たかった。「フォスカにはあなたが必要なのよ」と、言い放つクララ。40日の休暇を2日で切り上げた彼は、ローマヘの転属命令を受けた。クリスマス・パーティーの夜、人前でジョルジョを愛していると絶叫するフォスカ。それを見た大佐がジョルジョに決闘を申し込み、ジョルジョの剣に倒れた。その夜不思議なことに、ジョルジョは、自然にフォスカの許へと足が向いた。夜明け、フォスカは生涯で最高の幸福感にひたりながら息を引きとるのだった。

( Movie Walkerより )

 

ラウラちゃんは青いエロ気映画に出てましたね~は置き

 

‘パッション・ダモーレ’(1981年)の最終場面は

フォスカ喪失により腑抜けたジョルジョが居酒屋での問わず語り

彼女の教養の深さ、詩を解する心、何より気持ちの美しさに魅かれていった

神さんみたいなオトコですわ

 

この映画で本当に何が一番恐ろしいか

そりゃもう、フォスカが超ブッサイクなりに綺麗になっていく過程

オトコが逃げ回り「シッシッ」と追い払われたってでっせ

 

 

ヨハネ違いの洗礼者は、オンナ敵に回して斬首刑でしたねも置き

 

映画題名の『愛の情熱』、日本語で書くと何ともベタな響きですけど

Passionには『受難』の意味もあるを考えると、男女どっちから見ても興味深い

 

何が言いたいか?

 

NHKニュースに、地震被災地の人たちが言われて辛い言葉、『頑張って下さい』

言われんかてギリギリ頑張ってるんですよ

しかしながら、頑張っても報われない理不尽なことは、この世にはわんさか
その辺を考えずして、外部が「何事も諦めたら、試合終了!」とブチ上げる

結局、対岸の火事なのですってば

 

自ら多かれ少なかれ受難を経験するにより、愛が見える

「東洋は、情はあるけど愛は無い。西洋は、情は無いけど愛はある」

以前に京都44歳が言った言葉と合わせると、世界は奥深い

 

 

スポンサーサイト