fc2ブログ

Welcome to my blog

憎まれっ子威風堂々

mathichen17

mathichen17

-

 
 
 
 
我がメルケル主将じゃなかった首相
財政危機に瀕しているギリシャに厳しいんですよね
 
 
 
 

 
 
 
 
どう見ても、ギリシャのいかついお兄さんたちの方が強そうに見えるし
 
 
 
しかも、試合地がグダニスク
1980年代、グダンスク造船所(Stocznia Gdańska)から始まった『連帯』運動
その印象強いだけにねぇ…
mathichenさん言語では、ダンツィヒ(Danzig)と呼ばれる都市
14世紀には、ドイツ騎士団
ポーランド市民の方々は、ギリシャに連帯感持っちゃうんじゃないの?
ドイツ国歌斉唱にブーイング聴こえた時、被害妄想に陥りました
( * ウクライナの試合地では…各自で大賢者Wikipedia様の講義を受けて推測あれ )
 
 
 
[EURO]ドイツがギリシャに4発快勝で2大会連続の4強入り
ゲキサカ 6月23日(土)5時38分配信
 
 [6.22 EURO2012準々決勝 ドイツ4-2ギリシャ グダニスク]

 EURO2012(欧州選手権)の準々決勝2日目が22日に行われた。全グループ中唯一の3連勝で勝ち上がってきたB組首位・ドイツはA組2位のギリシャと対戦。一時は1-1に追いつかれるも、後半にMFケディラやFWクローゼらのゴールで3点を追加。終了間際にはPKで失点するも、4-2で逃げ切り勝利を飾った。2大会連続の4強入りを決めたドイツは28日に行われる準決勝でイングランド対イタリアの勝者と戦う。

 ドイツはこれまで同様に4-2-3-1システムを採用。出場停止明けのDFボアテングが先発復帰を果たしたほか、前線の3選手を変更。2列目は右からMFロイス、MFエジル、FWシュールレ。1トップはクローゼが入った。ロイス、シュールレ、クローゼは今大会初先発となった。
 対するギリシャは左SBホレバスと主将のMFカラグニスが累積警告による出場停止。トップ下にはMFカツラニスが入った。

 序盤からドイツが試合の主導権を握った。開始4分には早くもビックチャンス。PA右からMFケディラが放ったシュートはGKに弾かれるも、こぼれをシュールレが押し込んだ。しかしオフサイドの判定。得点にはつながらない。同23分にはロイスが中央からドリブル突破。左サイドを並走してきたクローゼとのワンツーから右サイドへはたく。これを受けたエジルがPA右からシュートを放つもDFにクリアされた。さらに直後の24分には右サイドからチャンスを演出。エジルの右クロスをニアサイドのロイスがワンタッチで折り返し、最後はクローゼがシュート。これは枠を外れた。再三の決定機も決めることはできない。

 それでも前半39分についに均衡を破る。ボアテング、エジルとつなぐと抜け出したラームがPA左からドリブルで前進。迷いなく右足を振りぬくと、これがゴールネットを揺らした。ラームの今大会初ゴールでドイツが先制に成功した。

 対するギリシャは押し込まれる時間が続き、なかなかシュートまで持ち込めず。前半32分には中央から持ち込んだFWサマラスからのパスを受けたMFニニスのシュートはGKノイアーに阻まれた。その後はチャンスらしいチャンスはつくれず。同39分に失点すると0-1のまま前半を折り返した。

 後半からギリシャは2枚の交代カードを切る。DFギョルゴス・ツァベラスとニニスに代わって、FWゲカスとMFフォタキスを投入する。後半7分にはカウンターからチャンスメイク。ゲカスとサマラスでPA左へ持ち込むが得点にはつなげない。しかし後半10分にカウンターから決定機。スルーパスに抜け出したFWサルピンギディスの右クロスをサマラスが右足で押し込んだ。詰めていたボアテングもクリアできず。ギリシャが1-1に追いついた。

 試合は振り出しに戻されたが、ここからドイツの攻撃陣が目を覚ます。失点から6分後の後半16分、ボアテングの右クロスをケディラが右足ダイレクトで叩き込み、2-1と2度目のリードに成功。同22分にはシュールレに代わって、MFミュラーを投入した。すると同23分にはセットプレーから追加点。エジルの右CKに飛び込んだクローゼがヘディングシュートを決めた。クローゼの国際Aマッチ64点目で3-1に突き放す。

 この勢いは止まらない。後半29分にはダメ押しの4点目。エジルからのパスを受けたクローゼがPA左からシュートを放つ。GKに弾かれるも、こぼれに反応したロイスが右足シュート。今大会初出場の若手MFが結果を残した。試合を決定づけたドイツは最後の交代カード2枚を切る。ともに得点を決めたロイスとクローゼに代わって、FWゴメスと今大会初出場のMFゲッツェをピッチへ送った。

 対するギリシャは立て続けの3失点で沈黙。終了間際の44分にはPKで1点を返す。DFトロシディスの左クロスがボアテングの手に当たったとして、ハンドの判定。ギリシャがPKを獲得する。サルピンギディスがゴール右へ流し込み、2-4に詰め寄った。しかし、そのまま試合は終了。ドイツが2大会連続となる4強入りを果たした。
 
( 出典先:Yahoo!ニュース )
 
 
 
…心配してクタビレた…
何かね、ギリシャって粘着っぽいから、1-1の時「ぎゃ~」
「ドイツの小悪魔、どいつでも構わん、オトコになれぃ」
ケディラですか。好みではない。白組マドリーだし。ま~ドイツの子だと素直に喜んどく
3点目のクローゼ、ポーランド系とあって、ご先祖様の地に錦を飾ったわけね
ロイスはね、その勢いを来季、BVBに持ち込め。mathichenさんよりの命令じゃ
 
 
 
試合終了の笛と同時に、頭の中に流れたメロディ
 
 
 
俺は、ジャイアン~♪
 
 
 
記事題名の所以です

こんにちは。

ドイツ勝ちましたね。このスコアから見ると、おそらく「ドイツの国民の皆様、ギリシャは深刻な財政難に陥っております。貴方がたの力がますます必要です。助けてください。」。こう取れました。今のドイツの国民の大方、「何で自分たちの国税の多くが、不真面目なギリシャを救済するために?」と考える人も多く、こういうことでむしろ注目するというか、負けたことで力になってほしいとアピールしているようにも見えました。

そう考えりゃ、スペインもフランスに負けたほうが・・・w

2012/6/23(土) 午後 2:07 [ - ]


アバター

>>mioeight17さん
ギリシャって、オットー・レーハーゲル爺さんが2004年優勝させてくれ
財政危機無くても、ドイツに足向けて寝られませんて
ケチなドイツ人も本当に必要な部分には手助けしてくれるでしょうが
サッカーで底力ある所見たら、「やれる限り、自力で頑張れよ」

フランスだと、ポルトガルに勝てますかね?
クリロナ泣かせたいんで、スペイン何とか準決勝→決勝へ!
負けるのは、支援考えるから、そこでイイはず(ドイツが対戦相手の場合)

2012/6/23(土) 午後 7:24 mathichen


スポンサーサイト