FC2ブログ

Welcome to my blog

明けない夜は存在するのやら。暗夜行路は続く

mathichen17

mathichen17

-

バロテッリ2発、イタリアがドイツを撃破…スペインが待つ決勝へ進出/ユーロ2012
SOCCER KING 6月29日(金)5時38分配信

ユーロ2012準決勝が29日に行われ、イタリアが2-1でドイツを下し、3大会ぶりの決勝進出を決めた。

ドイツは前線にマリオ・ゴメスを配置し、その下に左からルーカス・ポドルスキ、メスト・エジル、トニ・クロースという顔ぶれに。一方のイタリアは、けがから復帰したジョルジョ・キエッリーニが左サイドバックに入り、2トップにはマリオ・バロテッリ、アントニオ・カッサーノが名を連ねた。

最初にチャンスを迎えたのはドイツ。5分、CKからマッツ・フンメルスが押しこむが、ゴールライン手前でアンドレア・ピルロに阻まれる。一方のイタリアは20分、左サイドでボールを受けたカッサーノが巧みなターンでDF2人をかわしてクロス。これをバロテッリが頭で合わせて、イタリアが先制点を挙げた。

追いつきたいドイツは、27分にメスト・エジルがシュート。35分にはサミ・ケディラが強烈なミドルシュートを放つが、いずれもジャンルイジ・ブッフォンに阻まれる。すると36分、ドイツのCKを防いだイタリアがカウンターを発動。リッカルド・モントリーヴォのパスに抜け出したバロテッリが強烈なシュートを叩きこみ、2-0として前半を折り返した。

ドイツはゴメスに代えてミロスラフ・クローゼ、ポドルスキに代えてマルコ・ロイスを投入し、攻勢をかける。48分にはロイスがシュートを放つと、49分にはワンツーでペナルティーエリアに侵入したフィリップ・ラームが決定機を迎えるも、シュートはバーの上を越えてしまう。62分にはロイスが直接FKを狙うも、ブッフォンの好セーブに阻まれた。

イタリアは鋭いカウンター攻撃で好機を演出。67分、75分にはクラウディオ・マルキージオが立て続けに決定機を迎えるものの、ゴール枠を捉えることはできず、82分には裏に抜け出したアントニオ・ディ・ナターレがシュートを放つが、サイドネットを揺らすに留まり、ダメ押し点を奪うことができない。

ドイツは後半ロスタイム、エジルがPKを決めるものの、反撃もここまで。2-1で試合終了となり、巧みな試合運びを見せたイタリアがフランスに敗れて準優勝となった2000年以来、3大会ぶりとなる決勝進出を果たした。

7月1日の決勝では、史上初の大会連覇を狙うスペインと対戦する。

( 出典先:Yahoo!ニュース )




写真の意味:『ドイツの小悪魔ども、三国同盟はどーでもいい、これくらいの仕事やってみろ』




サッポロ一番みそラーメン食べながら考察しました




ドイツから見れば
2006年自国W杯、強豪復活したかと思われたが、老獪イタリアにいてこまされた
2008年EURO、成長を続け、決勝進出、しかしイタリアに勝って自信ついたんかいのスペインに泣かされた
2010年南アフリカW杯、準決勝でスペイン恐怖症を露呈した、進歩はしているがいまだ若いチームだった
2012年EURO、何ですか公式戦連続勝利世界記録樹立したのに、いつまで若僧やねん~




イタリアから見れば
2006年、世界王者に輝いた
2008年、スペインにPK戦で敗れはしたものの、まぁ頑張りはった
2010年、前大会世界王者がW杯グループリーグ敗退という、史上初の不名誉な記録に落ちぶれた
2012年、何か尻上がりに好調なんですけど、覚醒?調子こいてるだけ?どっちにしても、強い




世界で五本の指に数えられる強豪国でさえ、弱肉強食栄枯盛衰は逃れられない定め
EUROはあくまで地域大会といったってさ、予選からしてW杯本大会かい、高水準を誇る
多少の運不運は見られるにしたってだ
そりゃ、全敗したどっかのB組含め、強豪国がボロボロ落ちていっても、当然といっちゃ当然の話
才能と実力持たずして成立しない芸術とスポーツに民主主義は存在しないが持論ですが
EUROは本当、毎回のように、実感させられますわ




それでも、mathichenさんのドイツ人生は続く
アズーリよ、2016年決勝で対戦する場合は、2000年決勝みたいな悲喜劇を見せてもらうぞ
「わ~い♪優勝だぁ☆」とベンチから飛び出してきて、レ・ブルーにあっかんべぇーだ状態
というのは気が早く、ヴィルトール土壇場得点だっけか、フランスに追いつかれ、延長戦でサヨナラ負けで赤っ恥
現在では、ゴールデンゴール方式は存在しないが、とにかく泣かせてやるからッ
優勝は欲しがりません、イタリアに勝つまでは!
ドイツ人は、執念深く、気が長いんだよっての




最後に




赤い艦隊の応援に回ります
セスクの幸福、mathichenさんの至上の喜びだも~ん

初めまして。ドイツの友達と「冗談で先取点を取られたらヤバいかも」って笑いながら話していたら、本当にそうなっちゃいました(汗)しかもバロテッリの2点目はドイツのプレイヤーの気持ちを萎えさせる凄みがありました(汗)
でも基本、ドイツのナショナルチームはバイエルン・ミューニックのチームハリウッド主体なんで、今シーズンの負け癖がそのまま出ちゃった試合でした。我がドルトムンターの選手たちがもうちょっと経験を積んでナショナルチーム入りした時に強くなると思っています。
レーヴもいい監督ですけど、クロップには勝てません!!

2012/6/29(金) 午前 10:27 [ fmb**uss*a ]


アバター

>>fmb**uss*aさん
初めまして。現在ドルトムントにおられるのでしょうか(羨)
ドイツ国内では、KYなイタリア人どもが浮かれ調子のようですが(怒)

バロテッリはまぁ許すとして
バイエルンはこの間のCL決勝といい、肝心な時に自滅する連中なのが困りもの
代表はBVB同様、まだ若手多く発展途上ですから、いずれは身を結ぶとは信じています
クロップは田舎マインツ時代を思えば、大出世。近い将来、代表監督を狙っている?!

2012/6/29(金) 午前 11:27 mathichen


ブログ訪問、ありがとうございます。
見ていただいたように、観賞魚関係の仕事をしているので、観賞魚の世界のトップ、ドイツにはよく行っていました。友人、知人がドルトムント、リュネンに多いので、BVBのサポーターにされてしまいました(笑)。デュイスブルクにもオーバーハオゼンにも友達は多いですけど、シャルケ04ってことは間違ってもないです(笑)
香川が入って日本での露出度が高くなって嬉しかったですけど、香川がマンチェスターUに行っても、私はひたすらBVBサポーターです。自分のハンドルもborussiaですから(笑)

そりゃあ、クロップはナショナルチームの監督を狙っていますよ!(笑)でもそれはBVBが負債を抱えたことでのタナボタで、来シーズンが楽しみです!ベッケンバウワーがブンデスでまだ皇帝をやっている限り、ミューニック贔屓は変わらないでしょうけど…しかしエジルはレアルマドリーで腐りました(怒)

2012/6/29(金) 午後 0:11 [ fmb**uss*a ]


アバター

>>fmb**uss*aさん
どういたしまして

北海道より遠くへ行ったこと無く、ドイツ行けるだけで羨ましいです
香川がどーのより、いわゆる『海外組』のすぽると的大応援団が好かないので
選手とともに応援クラブお引越しかと、ようやく静かに過ごせるが有難い

今季優勝の時に書いてますが、長い目で見れば財政難が役立ったと思います
バブル経済はじけて、ユースや安い人材に目を向けたのが結実したんですよ
バイエルン出身者は温室育ちになりやすいのが難点でしょう
白組のトルコ系といえば、エジルより、シャヒンどーなってるんでしょうね…

2012/6/29(金) 午後 7:00 mathichen


フットボールの質に関係なく好きで応援しているのはイングランド、しかし今回はバス3台作戦=高レベルJ2のようなトホホなチームで、それでもよくやりました。
後はフットボールの質で見ると、イタリアは賞賛に値しますね。
ドイツはやっぱり若いです。老獪なピルロ中心のイタリアに飲まれましたね。でものびしろがあるので、W杯にはもっといいチームになっているのでは?

2012/6/29(金) 午後 8:56 ふうちゃんP4


はじめまして! ご訪問&コメントありがとうございました。

なぜアイコンがドイツ・カラーなのかなと思って参りました。
そういうことだったんですね。
それは残念でしたね。(^。^;

若いチームなのでもう少し苦労を積ませたかったですね。
経験とメンタリティを熟成させれば、2年後は期待できるチームになるでしょう。

僕はイタリアとポルトガルのファイナルを期待していたのですが・・・。

2012/6/29(金) 午後 10:59 ZOLA♪


シャヒンねぇ…BVBにいてくれればとは思いましたけど、レアルがお金出してくれたなら、BVB的には出しちゃったんでしょうねぇ。買い戻す気はないみたいですし…バイエルンが触手って話しもあるみたいですけど、バイエルンの触手は30本ぐらいあるんでそんなこと気にしてもいません(爆)
ゴメス、シュバインシュタイガー…なんかちょっと迫力なくなってますよねぇ。来シーズンはバイエルンは強くなさそうです!BVBは香川がいなくても、大丈夫です!

2012/6/29(金) 午後 11:24 [ fmb**uss*a ]


アバター

>>ふうちゃんP4さん
一応元フーリガンとして、イングランドはよく頑張ったと認めましょう
準決勝に来といてくれたら、ドイツに勝ち目があったでしょうが( 一一)
とはいうものの…

『優勝候補ドイツに何があったのか?イタリアに惨敗した“自滅”の真相。』
http://number.bunshun.jp/articles/-/235287

監督を筆頭に、お勉強は出来るが打たれ弱いウラナリ優等生集団だったんでしょう
自己の限界知るため、敗北でむしろ救われたと思います
苦労は買ってでもタップリ味わい、勝って来いの話はそれから後です

2012/6/30(土) 午前 8:23 mathichen


アバター

>>ZOLA♪さん
こちらこそご訪問有難うございます

アイコンは本来、ドルトムントの黄色と黒。いまのはEURO開幕直前の急造ですよ
残念といえば、青二才ぶりに残念です
古の西ドイツだったら、若くても威嚇する力持っていたでしょうに
南欧と違って、不況だ何だと言ってもまだ余裕ある国でのヌルマ湯環境が
イタリアとの差の一つだと思います

博打に近いPK戦の明暗が、決勝に影響したとも言えますね

2012/6/30(土) 午前 9:06 mathichen


アバター

>>fmb**uss*aさん
シャヒンは年齢的に移籍し頃だったものの
買い物好きだがやりくり下手の白組(バイエルンにも言える)でなく
定位置争いはしてもクラブの面倒見良い所へが最良だったでしょうね
白組とバイエルンに共通して言えることはもう一つ、「強いチームでいてくれ」
昔、甲子園で「よ~わい巨人にまた勝った♪」との阪神ファンの野次に
「強い相手倒すから価値あるんちゃうんかい」と違和感持ちました
シャルケもそうですが、宿敵には倒す価値持つ強さを維持して欲しいです
この間のドイツvs.オランイェの時も思いましたよ

2012/6/30(土) 午前 9:21 mathichen


スポンサーサイト