fc2ブログ

Welcome to my blog

続・誰が故郷を想わざる(後篇)

mathichen17

mathichen17

-






和歌山オリンピックに身内の出席予定者は20名と、大体いつもの行事と変わらぬ数だった




左上、背中向けてるのが、尋常小学校世代ジジ親
ババ親どうやら、本格的に認知症かえ?
父ちゃんはそんな事、娘におくびにも見せず、昨日も元気にムチュメタンLove全開していた
娘のT子さん、見た目は本当、年金前倒し受給世代ババと若くない
そんでも両親来ると、ホント嬉しそうな表情見せる
母ちゃん来ない事どう感じてるやら




親が来ないといえば



限りなく堺市に近い大阪市から毎週通う親父
行事には夫婦で来る事もあるが、昨日は珍しく、夫婦とも来なかった
ココも決して若くないもんで何か具合悪かったのかね




大阪市内から月1回通う、次男の成年後見人務める後期高齢者ババ親に言わせると
「ウチの息子、ワタシを運び屋と思ってるんよ」
息子いうのがね、大飯食らいなんよ
栄養満点の病院食だけじゃ物足りなく、ママンが持って来る飲食物が楽しみ
ボケ防止のため無償で受けられる定時制高校に通うママン本当、ボケる暇が無いわ




上段の息子を始め、見た目ともかく、意外なほど、頭イイ重度障害者少なくない
皆が皆アハハハ♪してるだけと見くびったら酷い目を見る




イケメン11歳児N君もだ
例によって例の如く、昨日も曾ババが万博近所から訪れた
N君御機嫌麗しく、曾ババが席を外してる間には、支援学校の先生という女中をコキ使っていた
女中曰く、先月の懇親会に出席したヴェテラン先生も言ってたが
「N君、言葉出ないけど、相手の言う事は全部理解してます
人の様子見て好き嫌いなどハッキリ示すし、ウッカリしたら怖いんですよね~」
学校で得意の科目は音楽で、楽器鳴らすのが巧く、ゲーム脳Boyが逆立ちしても及ばぬ豊かな感性も備える
とにかくイケメンだから、女子にモテまくりとの事
もうすぐ12歳誕生日で、来年には、中坊となる
「先生、N君って、昭和の学ラン似合うよね」と聞いてみたら、アハハハ♪と同意した
大真面目な話、N君は見るたび大きくなって、カッケー男前に成長中なんだよ
妹のYちゃんばっかり可愛がる両親、とてつもなく大きな財産を損してるわ
いつかは必ず、曾ババが動けなくなり、N君製造責任者である両親という振り出しに戻るでしょ
両親が和歌山までマメに通うとして、N君が長年の空白をどう考えてるか、悪いけど見世物の見込みよ




あゆみの会理事夫妻は70歳近いが、仕事現役である
嫁が最近、自分の事より大好きな我が子に役立つ事業を始めた
これはま~、子供が施設入所していて、在宅ベッタリする必要無い余裕である
が、施設入所組とて、在宅介護組ほどの拘束受けないだけでボケたりする余裕は無い




例えば




結婚後も同居するママンが倒れた結果、仕事スッパリ辞めた娘がいる
ママンは施設入所したので、娘は普段、旅行に出かけたりする日々を送る
傍から見ると、再就職しろよと映るだろうが
「旅に行ける時に、行っとくのよ」、娘は余計なお世話に取り合わない
やはり施設入所したママン持つ娘が、旅行中、施設から緊急連絡来て、旅行先から駆け付けたを見ても
ジジババと障害者の両方、いざという際に動ける余裕持ってない家庭では、介護=蟻地獄の意味だよ
仕事スッパリ辞めた娘の場合、想像するに、当たり前と思われる世界の儚さを目の当たりにしたからかと
仕事を終え帰宅したら、ママンが風呂場で倒れていた
居間には、ママンが用意してくれた晩御飯が並んでいた
焼き魚、おひたし、味噌汁といった内容で、大した御馳走じゃないけど
それらを目にして、日常のありふれた諸々の有り難味が失われる事を身に沁みた
と言えば、わかる?




何かと先行き不透明だからといっても、いますぐ困るのでなければ
1億総活躍社会というなら、家庭という社会に貢献する者をも重要視しなければ
皆が外で働くなど、少子高齢化時代には、国が滅びる近未来が待ってるんだよ
いちいち噛み付きたくないけど、武井咲、マジ胸糞だわ
ファンの間でさえ、産後半年も経ってないのに女優復帰に不安の声聞かれた
母体に負担掛けないため、せめて1年は休むのが賢明だとね
乳児突然死は1歳過ぎまでリスク高いから、0歳保育など原則、育児放棄と見做していいくらいだ
てか、注目集めやすい職業の女性を、外で働く母親の規範と見てはならない
ニュージーランドの女性首相だかが赤ん坊抱いて復帰会見みたいなのをやったね
あんなの、人手をいくらでも借りられる余裕持つ一握りだからであって
赤ん坊の突然死多い無認可保育所頼る雑魚なんぞ、一般社会にお呼びじゃないをわかれ
宮崎あおいにも第一子誕生したけど、あまり早く復帰したら、やっぱ心底から軽蔑する
女性芸能人には「ママタレ」としての仕事狙いが考えられるが
子供を危険に晒すのが平気な母親みたいなのが規範となれば、末世過ぎる
「結婚したら必ず、子供持つと決まっておらず、望んでも授からない者がいるのに
自分が好きで産んだはずの子供より自分の好きな仕事を優先するなんて
少なくとも子供がある程度成長するまで待てないほど無責任なインバイである
妊娠中は無問題だが、出産時の事故で、子供が障害負ったりするリスク持つを知らない低脳である
専業さんをナマケモノの言い訳ばかりとぬかすが、職場ですぐ子供ガーと言い訳するのは誰だ?
他人の世話になりながら我が道を行くとか甘ったれの尻軽飽食小皇帝なんぞ、この世から退場しろヴォケ」
同類の男子と共に、無病息災が人間の常識的恥的障害者と見做す
女が女である事を堪能出来る利点を認められない糞フェミこそ、最たる女性差別である
誰が何と言おうと、アタシ鉄の信念である




専業嫁にもバカはいて、例えば
「長男嫁である自分は妊娠わかったその週のうちに、会社辞めたのに、嫁ぐ覚悟が足りない」
義弟嫁予定が寿退職するものの、派遣契約の都合上、挙式から1ヶ月別居を聞いて反応すると
「仕事のケジメつける賢い女性よ
オマエが、会社に引き止められもしないまでの無能なのよw」
妊娠する可能性持つ女性は企業社会に負担掛ける事忘れるなを、同性から指摘されたけどねw




何にせよ、妻(夫)や母(父)の代わりは存在しない事がわかってない者が多過ぎる




人間誰しもが、障害者となる可能性を忘れるな
自分は無事に生まれ育ったが、子供や孫はそうじゃないかもしれない
誰が障害負う場合でも、皆が皆、万全な福祉サーヴィス受けられると決まってない
子供が施設入所叶ったら叶ったで、その子が亡くなるまで、身内の誰かが責任を負う
第一子だろうと何番目だろうと障害児誕生したら、金輪際子供作ってはならない
健康な子供が欲しいからなんて、もしも障害児連発だったらどうする?
無病息災が常識には高尚過ぎて理解不能ながら、人間が健康に産まれる事自体が奇跡なんだぞ
既に存在する子供たちがそれなりの人生を送れるよう考えるのが、人の子の親の責任であると断言しとく
(最後の行、離婚家庭にも提供される)




辺境公務員Y子ちゃんが、皆、そこまで考えるのは怖いからしないと言ったのもわかるものの
子供やジジババが、実際に帰る事無い実家でも、誰かが待ってくれてると信じられる拠り所が重要なんだよ

痛いほど解ります。
自分の娘は、どこまで私らというか母親に甘えてるのか。
どこまで、分かっていて甘えきっているのか。
息子もそうですが、金銭的には、私父親を、その他孫もろもろは母親に、母親が居なくなってでないと決して分からないだろうな?と、思います。
私父親なんぞは、金さえ貰えば早よ死ね!くらいでしょう^_^
父親も母親も手がかかるようになれば、死ぬか、安い施設に早よ行け!が、解りきっています。
貴女のように施設にも繁くは来ないです。
なのに、彼奴らのいいように使われています。孫たちを前面に出されると、言うがまま!です。
拠り所がある有り難さがまだまだ分からないようですね。
私もそうでしたから、仕方のないことなんでしょう。

2018/10/18(木) 午後 11:17[ sos***** ]


アバター

>>sos*****さん
現代の育児世代がいろいろ厳しく支援要るのはわかる
親にお願いする立場であって、助けて貰って当然と考えるのがダメ
地方から都会へ出てる中には、実家が遠方などで頼れず、夫婦だけで乗り切ってるがいますしね

孫を盾に親を利用するのって、正直、ズルイ!ですよ
ウチには、子供も孫もいないですけど、いると仮定して
孫の面倒見て貰いたいなら、カネ払えと言わないけど
若年層の価値観が絶対でジジババが服従しろ的な態度見せたら
利用するだけ利用して老害扱いが見えてるし、即、門前払いします
いくら可愛いからといって、孫は所詮他所様の子供で、重い責任持てないです

いずれは親も弱り、介護強要されなくたって、子供は今度こそ自立に迫られます
我が子は親の背中見て育って親以上の生意気に育ってるだろうし
何もかも自分でとなって、いままで如何に甘かったか思い知ったらいいんですよ

2018/10/19(金) 午後 3:43mathichen


いま…妹のことでいろいろありまして「身内の誰かが責任を負う」という言葉に敏感に反応してしまいました。…いろいろある分、深いため息がでました。私事のつぶやきでスミマセン。

2018/10/19(金) 午後 6:33[ ミー ]


アバター

>>ミーさん
妹さんの他、舅さんにも関わってるので、ミーさん相当疲れ溜まってるでしょね
両方の件合わせると、ミ-さんに甘えてるアテにならないトリオが原因と思います

妹さんの件に自立絡んでるとはいえ、全くの健常者の自立と同一視出来ないですよね
ミーさんが仮に賃貸借りるとしても身元保証人要りますが、いまの時代、必要なら業者に頼めます
妹さんの場合そうも行かず、最少限度の繋がりは断てません
自立支援法が却って軽度障害者の足引っ張る一面でしょう
保護者責任的な事は、今後、覚悟決めて臨むしかです

自分の家庭や自分自身で精一杯というなら、それは、ミーさんも同じ
押し付けてばっかいるんじゃねーとトリオに説教してやりたいもんで

舅さんは昨年いま頃思えば、ホント落ち着かれてます
妹さんも現在が胸突き八丁で無事目的地に到着出来る手前と信じますよ

2018/10/19(金) 午後 8:28mathichen


mathichenさん、ありがとうございます。
読んでいて、私の気持ちがスカッ!としました。
私の言いたいことを代弁してくれています。しかもわかりやすいです。

そうですね、昨年は舅のことで苦労しましたが乗り越えました。妹のこともできますよね。「無事目的地に到着出来る手前と信じます」という言葉に勇気づけられました。いつも背中を押してくださってありがとうございます。

2018/10/20(土) 午後 10:37[ ミー ]


アバター

>>ミーさん
話通じないような相手に、当事者は面と向かって言えない事ですからね

舅さんが最適な施設に当たったにしても、ホント好転してくれて良かったですよ
妹さんも現在の流れで進めば、すぐにじゃなくたって安定すると思います

2018/10/21(日) 午後 8:32mathichen


スポンサーサイト