fc2ブログ

Welcome to my blog

ドイツ満艦飾の歌姫讃歌~花から花へ~

mathichen17

mathichen17

-
数日前から暑さがずいぶん和らぎ、もお寒い長袖出す~とブルブルの寒がりいる模様
mathichenさんが小学校の頃、1970年代と太古だけど
夏休みも終盤に入ると、朝のラジオ体操へ出かける時間帯には肌寒いくらいが常識だったけどね
地球温暖化の現代には、8月下旬に肌寒いのは異常気象だというのか!?
アタシゃ夏休みの宿題やってなかった事が一番、8月31日に寒々しかったわ~




夏の終わりにピッタリな曲ペタリ





関屋敏子(Wikipedia




もう1曲、文字リンクしとくと
関屋敏子「花から花へ」コロムビアレコード
独逸人であるmathichenさんに歌わせろ、イタリア語の発音だけは勝つと自画自賛中




信じたアタシがいけないの 花から花へと 花から花へと 行ったひと♪
…それは、島津ゆたか。野郎に用はねえやい!当記事の主人公、ドイツ名花だもん




【ああ、誰がアタクシに告げてくれるでしょう…】
http://ameblo.jp/mathichen17/entry-11624306023.html
3時間以上かけてアメブロ別荘更新
そのため検索かけた、エリカ・ケート(Wikipedia)。YouTube探したら、マジ驚いた…









Fritz Wunderlich,Erika Koth,Herman Prey Rossini Il barbiere di Siviglia 1959
同じロッシーニの♪セビリヤの理髪師、これは、ハイ・ソプラノ版も昔からある
♪チェネレントラ、こっちは完全にメゾ・ゾプラノの領域だからね~




エリカ・ケート、もう現代の皆知らんけど、極東の一介のオッサンにご馳走してくれるなんて
最新技術でアバタも笑窪に欺ける、実力でなく宣伝効果で売れたような、中身スカスカなのにスター気取りの
そのくせ、虚像バレるの怖いのか、取材拒否みたいな、洋の東西問わぬ現代芸能人には真似出来んぞ
一期一会を大事にする精神、真の大人の世界ね




ドイツのハイ・ソプラノ名花といえば、エルナ・ベルガー(Wikipedia)も然り
戦時中は、確か…書くのやめとこ。ユダヤ勢力強い米国でさえ大目に見たもんな




戦後、リサイタルのため来日
羽田空港までお出迎えに馳せ参じた招聘スタッフが、ロビーで待てど待てど、いつまでも姿見えない
予定の飛行機乗客が一人また一人去った後、人待ち顔の欧米婦人が最後に残ったので
「あのぉ、エルナ・ベルガーさんですか?」
尋ねて大正解☆。向こうも、待てど待てどだったから




お互いロビーに結構な時間いたのに、スタッフはベルガーの写真持っていたのに
彼は何故、すぐ姿を認めなかったのか?
答:「持って行った写真とあまりにも違い過ぎていた」
写真は、戦前でしょな、とにかく若い頃に撮られたものだった
東京に現れたベルガーはといえば、50歳を過ぎていた…









1953年(1954年ちゃうの?)ザルツブルク音楽祭♪ドン・ジョヴァンニ
この頃の感じ?年齢は、53歳頃
マゼット役、1929年生まれのヴァルター・ベリーから見たら、母ちゃんの年齢
まァ可愛いし、遠目だと若いが、近寄ると確かに…




Beniamino Gigli & Erna Berger in "La Traviata" footage movie Ave Mria - Berlin 1936.
Erna Berger - Da Capo - Interview with August Everding 1986
…半世紀経っても、そう顔変わってないのにね~

はなのいろはうつりにけりないたずらに わがみよにふるながめせしまに
ですね。
携帯からで画像開けずですが、
「チェレネントラ」は能天気な話で好きです。
曲も楽しい。歌い手は結構大変らしいですが。

2014/8/31(日) 午後 4:08 ふうちゃんP4


アバター

>>ふうちゃんP4さん
100%近くPC対応で、ガラケー排除会社と大差ない極悪管理人です(-。-)y-゜゜゜

小野小町ですね。季節は、春。現代意訳では
「花の色もすっかり色褪せてしまいました。降る長雨をぼんやりと眺めいるうちに。
(わたしの美しさも、その花の色のように、こんなにも褪せてしまいました)」
…86歳のベルガー見ると、実感湧きます(暴言)

少人数で、独唱、重唱が入り乱れるチェネレントラの難しさたるや、半端ないそうです
https://www.youtube.com/watch?v=X9YTxnrJWXw
題名役によるロンド・フィナーレ、あれ、超難曲でして
昔は、声楽コンクールで歌ったら、「どんだけ自信あるねん?」と呆れられたとか~

2014/8/31(日) 午後 5:42 mathichen


追記

フレデリカ・フォン・シュターデのイタリア語発音もエグイですよ
昔々、モーツァルト&ロッシーニのアリア集聴いたら
Amoreが英語風のアムーリ、これはまだアモーレな部類で
Voce、ヴォーチェが、ボケとしか聴こえないのは、絶句のあまり声が出なかった…(@_@)

2014/8/31(日) 午後 5:51 mathichen


追伸~
フォン・シュターデの「チェレネントラ」レーザーディスクがうちにありますよ。ただ、レーザーディスクプレーヤーが壊れて見られない(><)
映像だと、映像を見るのに気を取られるし、そもそもワタクシ耳もよろしくないので、イタリア語の発音は気になりませんでした。清楚な美貌で、お姫様物語にピッタリ。

2014/9/1(月) 午後 8:17 ふうちゃんP4


アバター

乳母様、需要と供給あるのに、上手く行きませんね
アタクシは、チェネレントラLD処分した、でもDVD共用のLDプレーヤー健在です~(ーー;)

チェネレントラ演出したJ・P・ポネルは好きながら
意味意不明な演出多い昨今、映像観ないで音楽だけ聴く事も多いですよ
お姫様物語にはシュターデが最高☆
ちなみに、シュターデが離婚問題で来日キャンセルした1993年
代役に訪れたチェチーリア・バルトリを渋谷で聴きましたが
ロッシーニ歌唱では第一人者だと思います

2014/9/1(月) 午後 9:34 mathichen


スポンサーサイト