fc2ブログ

Welcome to my blog

Non !...Oui !...パリの灯は遠く

mathichen17

mathichen17

-
昨夜から続く三部作よ
1時間17分後に、性格と口の悪さ本領発揮が登場する







1942年3月。ドイツ軍占領下のパリは、暗く沈んでいた。独身の美術商ロベール(アラン・ドロン)にとって、この時代の方がむしろ商売になる。彼はユダヤ系の人々が手放す先祖伝来の美術品を安く買いたたいてはもうけていた。その朝もロベールのアパートに男が美術品を売りに来る。愛人ジャニーヌ(ジュリエット・ベルト)をベッドに残し、取引する彼。男が去ったあと、1通の郵便物が落ちていた。“ユダヤ通信”。なぜ、ユダヤ人でない自分の所に送られて来たのか……。この“ユダヤ通信”はユダヤ人の情報交換に役立つもの。もう1人同姓同名の人間がいる。そして、その人間とまちがわれて自分がユダヤ人として登録されたら……、ロベールを襲う不安な焦燥。そんなある日、一通の手紙が届いた。恋人との約束をうながす口説き文句。事実を知ろうとしたロベールは、手紙の指示通り汽車に乗り、郊外へ向かう。そしてある城へと案内された。そこは晩さん会。手紙の差出人フロランス(ジャンヌ・モロー)が声をかけるが、ロベールを自分の愛人ではないと知って、去って行った。一方、パリでは連日のようにユダヤ人狩りは続いている。ロべールは疑惑の中、身の潔白を証明するため、父の元に急いだ。父はカトリック系、母はアルジェ生れの、共にフランス人。彼は友人の弁護士ピエール(ミシェル・ロンダール)に証明書類の作成を依頼する。が、アルジェもドイツ占領下のため手続きは困難を極めた。不安の日々は続く。ついに警察の手入れでロベールは全財産を失ない、ジャニーヌまでもが彼より去って行った。「きっと奴を探し出してやる!」。彼はある貴族に名を変え、執拗に追跡を始める。汽車の中で偶然に別のロベールを知っている女に出会う彼。このことをピエールに電話で知らせ、彼がアパートに帰った時は、もう1人のロベールは警察に連れ去られた後だった。通報したのはピエール。6月16日、朝、パリのユダヤ人大検挙が行なわれた。郊外に集められた人々。中にロベールもいた。「ロベール!」氏名を発表するアナウンスに、ロべールはわが目をうたがった。何と、もう1人のロベールが挙手しているのだ。しかし人波はゆれた。出生証明を手にしたピエールの声を後に、ロベールも人混みの中をもまれていく。そしてアウシュビッツ行き収容列車に乗り込んだ時、ロベールの目前でその扉は重苦しく閉ざされた。

http://movie.walkerplus.com/mv11604/





監督は、ジョセフ・ロージー
赤狩りの影響で1953年にイギリスに亡命し、以後イギリス、あるいはフランスなどで作品を作り続けた




「独身の美術商ロベール(アラン・ドロン)にとって、この時代の方がむしろ商売になる
彼はユダヤ系の人々が手放す先祖伝来の美術品を安く買いたたいてはもうけていた」
つまり、人の足元を見てカネ金かねであり、怨恨を買ったのであろう
同じ地獄を見りゃいい
弱者がユダヤ系であれば、強制収容所の煙突から一条の煙と消えるべし




こういう話が現代日本人に見舞ったら、阿鼻叫喚に陥り、さぞかし面白かろ




日本国発行パスポートは世界でも上位に入る信用格付持つ
偽装結婚してでも欲しがる諸国の男女よーくわかる




日本人観察視点で見ると、「保護され過ぎるあまり、危機管理意識薄くなる」
物騒な時代だと嘆きながらも、ホイホイ人信じやすいもんで
海外旅行で、何故か日本語話す現地住民と仲良くなり、気がつけば、何かの運び屋にされてな~んてね
日本人が欧米人の国籍を外見から見分けつかないように
欧米人には、日本人も中国人も韓国人も皆同じに映る
日本人の鞄に、アジア小国の有効期限切れパスポートを忍び込ませれば?




…秋元に北朝鮮パスポート忍び込ませたい気分なんだわ
日本人の証明を全部取り上げてみ、三代目首領様に似てるじゃん~

ドロン様×モロー
この作品は知りませんでした、気になります!
ラストもフランス映画らしく皮肉だわ~
同姓同名の恐怖、当時は今より名前のバリエーションが少なく同姓同名が多かったのでしょうね

秋元vs北朝鮮三代目首領様
髪型変えたら確かに?笑

2018/8/12(日) 午後 7:14 ベベ


アバター

>>ベベさん
宗教に因むが多い欧米系命名の中で、フランスは半世紀ほど前まで
聖書、カトリック聖人、でなければ、歴史上の偉人などに限定されました
同姓同名多くなるのは当然ながら

パリの灯は遠く、この映画の場合、主人公の姓名がRobert Klein、これが鍵ですわ
姓はドイツ系とオランダ系に見られるものですけど、ユダヤ性でもあるんです
ユダヤ人のファーストネームには、如何にものものと、キリスト教系のものの両方が見られます
ユダヤと非ユダヤに共通する姓名なのに、油断していた主人公というか…

眼鏡パンダ、あれでも今年とうとう還暦迎えたおっさんです
いつまで、おにゃんこ商売で儲けるつもりなのやら
パリの灯は遠く当時40歳のドロン様がよほど円熟してるに尽きる
(秋元をクライン氏状況に置いたら、アワワワ右往左往し、子供みたいに泣くザマでしょね)

2018/8/12(日) 午後 10:25 mathichen


スポンサーサイト